グルメ お取り寄せ 美味しい うまい

meikahimawariの日記

全国でお取り寄せできるグルメを実際に食べてご紹介するブログです

夏バテを防いでくれる食材を積極的に摂りたい

夏バテを防いでくれる食材を積極的に摂りたい

 

f:id:meikahimawari:20180630104819j:plain

 

いや~6月だというのに暑い!

 

6月でも暑い年はありますが、まさか寝る時に冷房をつける日が来るなんて…。昨晩はあまりの暑さに途中で起きて冷房をつけて朝まで寝ました。多分、生きてて初めてだと思います。6月に寝る時冷房をつけたのは…。

 

これは単にたまたま暑いだけなんですかね?それとも温暖化が急激に進行しているのでしょうか。だとしたらかなり怖いですね。我々はまだ大丈夫そうですが、子供たち、孫たちの代になると、もはや地球は住める環境ではなくなっているかも…と考えてしまいます。

 

そんな暑さきびしい今日この頃ですが、体だるくないですか?

・体が重い

・何となく食欲がない

・軽いめまいがする

・軽い頭痛がする

・なんか体が痒い

・やる気が出ない

など、急に温度、湿度が上昇するといろいろ不快症状が出てきます。

 

そんな時の体調維持に役立つのが「夏バテを防いでくれる食べ物」です。漢方などでは薬膳などと呼ばれて体調維持に役立てています。

 

夏の不快症状が出る原因は

・熱による体の消耗、機能低下(疲労感、だるさ、めまい、多汗)

・暑さによる交感神経刺激(イライラ、頭痛、動悸、多汗、不眠)

・冷たい物の過剰摂取による胃腸の機能低下(食欲不振、だるさ、めまい、肌の痒み)

・脱水(熱中症、尿路・腎臓結石、めまい、腎機能障害、頭痛)

などになります。

 

夏が旬の食材にはこれら諸症状を改善する働きを持ちます。

キュウリ、ウリ、スイカ、メロン、ゴーヤ、トマトなどの夏野菜は体の余計な熱を冷ましながら体を潤うという働きを持ちます。更に、それだけではなく、体内に停滞している余分な水分を排出するという働きも併せ持ちます。

 

このように、暑さによる熱疲労と脱水を防ぎながら、腎臓の機能を助けて余計な水分を排出させるという働きを持つ素晴らしい食材なのです。

 

次に直射日光を浴びたり暑い環境で作業をしているとどうしてもイライラしちゃいますよね。そんな時にいいのがカルシウムやマグネシウムを含む食材です。夏はしらすやカツオ、枝豆、モロヘイヤなど夏が旬の食材を積極的に摂ることによって補うことができます。

 

胃腸の不具合に関しては水分代謝を改善するわかめや昆布などの海藻類や冬瓜、ハトムギ、豆もやし、香辛料(カラシ、わさび、胡椒、ネギ類、山椒など)などを利用しつつ、必ず火を通したものを口にする、冷たいものは飲まないなどを心掛けるようにします。

 

[http://:title]

 

また、夏バテ予防には

クエン酸

・ビタミンB群

・タンパク質

・カロテン

・ビタミンC

が必須となります。よって、

クエン酸を含む梅干や酢の物、グレープフルーツ、オレンジ

★ビタミンB群とタンパク質を含む豚肉、うなぎ、納豆、牛レバー、カツオ、アサリ

★カロテンを含む紫蘇、ほうれん草、カボチャ、パプリカ、ピーマン、人参

★ビタミンCを含むパプリカ、ブロッコリーアセロラ、ニガウリ、オレンジ、ミズナ

などを積極的に摂ると効果的です。

 

簡単に利用することができる各種スポーツ飲料もいいですね。クエン酸や塩分、糖分を含んでいるものがいいです。

 

[http://:title]

 

[http://:title]

 

また、体液に一番近いと呼ばれるos-1も脱水予防に効果的です。

 

[http://:title]

 

日焼けによる肌の回復や夏疲れ、ストレスなどを予防、改善にはビタミンCの摂取が効果的です。

 

[http://:title]

 

 

夏バテ予防に役立つ漢方薬も効果的です。

 

[http://:title]

 

こちらは漢方生薬の「人参」が主成分となっている漢方薬です。人参は体の内臓、筋肉の働きを活性化させて神経伝達及び代謝を活性化させる働きがあります。これにより、血液中に栄養が増えるので夏のだるさやめまいを改善させることができます。

 

更に、粘膜を潤す作用のあるバクモンドウ、汗の出過ぎを防ぐゴミシという生薬が人参の働きを補佐しています。

 

 

 

[http://にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村:title]

 

[http://
B級グルメランキング:title]