グルメ お取り寄せ 美味しい うまい

meikahimawariの日記

全国でお取り寄せできるグルメを実際に食べてご紹介するブログです

大事すぎる歯を守るポイントは酸性食品と甘いものを控えること

大事すぎる歯を守るポイントは酸性食品と甘いものを控えること

 

f:id:meikahimawari:20180616102625j:plain

 

皆さんの歯は元気ですか?

 

歯というのは美味しいグルメを食べるのに必須になるのはもちろん、自分自身の健康状態、メンタルを維持する上でも非常い重要な役割を担っています。

 

歯は食べるということ以外にも、歯を噛むことによって脳神経が刺激されて、セロトニンドーパミンの分泌が促されることや、胃腸の動きとも連動しているので消化、吸収、腸内環境の良し悪しにも影響を与えています。

 

ガムを噛むという行為はリラックス効果があるといわれています。これは噛むという行為が脳に影響を与えている証拠です。

 

そんな大事な歯ですが、一度ダメになってしまうと二度と元の状態には戻りません。軽い虫歯程度であれば、かぶせものなどで治療することによって元の状態に近い感じまで戻すことができますが、重い虫歯や歯周病などの場合には再起不能となってしまい、最後はインプラントか入れ歯になってしまいます。

 

インプラントは素晴らしい技術ですが、手入れが大変なことや歯周病が悪化するとグラグラして歯としての意味をなさないケースに発展してしまうことがあるので万全とはいえません。

 

やはり「自分の歯」の健康を維持していくということが大事になります。

 

 

そんな大事な歯の健康を守るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まず第一に考えられるのが「歯磨き」です。朝晩2回でいいので隅々まで丁寧にしっかり磨くようにします。夜の歯磨き後に何か飲食してしまった場合には、就寝前に軽くでいいので歯磨きしてから眠るようにしましょう。

 

磨き方は歯と歯茎の間を重点的に隅々まで力を入れ過ぎずに丁寧に磨くことを心掛けるようにします。

 

食後すぐに歯を磨くと歯のエナメル質を傷つけてしまうことがあるので、食後30分程度経過してから磨くようにします。

 

[http://:title]

 

 

次に心掛けたいのが「酸性の食品を控える」ということです。こちらは絶対ではないのでなるべく控えるようにします。酸性食品として挙げられるのが

・酢、酢が入ったもの

・炭酸飲料(コーラやビールなど)

・フルーツジュース

・スポーツドリンク

・栄養ドリンク

・ワイン

・日本酒

・リンゴ、レモン、みかん、イチゴなどのフルーツ類

などの酸性食品はなるべく控えるようにしましょう。日常にて少量摂取する分には全く問題ありませんが、例えば日本酒などをチビチビ何時間も飲み続けるというようなことをしてしまうと、歯へのダメージが大きくなるので注意した方がいいでしょう。

 

更に、胃液も強酸性なので、吐くという行為は出来る限り控えた方がいいでしょう。

 

[http://:title]

 

 

次に控えたいのが「甘いもの」です。甘いものは虫歯の原因菌であるミュータント菌のエサになるのでなるべく食べるのを控えるか、食べた後はしっかり歯を磨くようにするなどを徹底するようにします。

 

特に歯のエナメル質がしっかり出来上がっていない15歳以下はその影響を受けやすいので注意するようにします。

 

また、大人でも食べ過ぎは厳禁であり、更に寝る前に食べてそのまま寝てしまう…という生活をしてしまうと一撃で虫歯を作り上げてしまう原因になるので注意するようにします。

 

[http://:title]

 

 

最後に注意したいのが歯周病です。歯周病「免疫の低下」によって引き起こされる歯と歯茎の病気です。原因は歯石なので歯磨きを怠ることが主な原因ですが、歯磨きをしていても免疫が低下していると歯周病菌が増えて歯周病を悪化させてしまう原因になるので、歯磨きをしっかり行いつつ、免疫を高めるということが大事になります。

 

歯磨きに関しては自分で毎日行うと共に、1~2か月に1度歯医者に行き歯石を除去してもらうと完璧です。

 

免役に関しては

・ストレスから遠ざかる

・生活にメリハリをつけて昼はよく心身を働かせ、夕方以降はゆっくりと休める

・食物繊維や発酵食品を積極的に摂る

・運動を定期的に行い筋力を高める

・よく笑う

・心身を疲れさせない生活を送るよう心がける

・恋愛や新しいことを常に意識して心を若く保つ

・食べ物は生鮮食品を料理し、バランスを考慮して

・甘いものや脂質は摂りすぎない

・タンパク質(肉・魚・卵・乳製品・豆類)をしっかり目に食べる

以上のことを意識すると維持・向上に役立てることができます。

 

口内免疫を高めるためには唾液の分泌を促すことが効果的です。唾液は顏周辺の筋肉の働きや体全体の潤いの影響を受けるので、なるべく表情豊かにすると共に、口を閉じて鼻呼吸を心掛けることが大事になります。更に、脱水にならないように適度に水分を摂取すると共に、体内の水分量を増やす役目のある「タンパク質」をしっかり摂取し続けるということを意識することが大事になります。

 

[http://:title]

 

 

以上を心掛けることによりいつまでも健康な歯・歯茎を維持することができます。そして、いつまでも大好きな食べ物を食べ続けることができるのです。これからも美味しいハンバーグを食べまくるぞ!美味しいローストビーフを食べまくるぞ!!(^J^)

 

 

[http://
B級グルメランキング:title]

 

[http://にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ
にほんブログ村:title]